パンフレット・マニュアル・WEBのマンガ制作ならJOBコミ

マンガ制作あれこれ

未分類

漫画制作の手順

更新日:

初めて漫画を依頼される方へ

漫画を利用した広告は近年のトレンドです。広告に漫画を利用しようとお考えの会社経営者、あるいは広告担当の方へ向けて漫画制作の手順をご紹介いたします。お問い合わせの際などにご活用ください。

制作手順

 

内容構成

まず、内容構成の企画を行います。漫画を実際に描くのではなく、ストーリーを考える作業となります。基本的なあらすじや構成、登場人物などを考えます。こちらの作業の有無が次の作業の出来に影響します。

打ち合わせなどによっておおまかな設定を決めたらプロット作業にて細かな設定を決めていきます。プロットにて決まった登場人物の魅力によって広告効果、企業の印象も変わるため広告漫画において重要な作業の一つです。

↓

ネーム(ラフ案)制作

ペン入れや着色をする前にラフスケッチで一通り制作いたします。ネームで決めたコマ割りが漫画の読みやすさに繋がるため、漫画家さんの多くは、この作業を重要視しています。

読み手のことを考えたコマ割りをすることで、多くの方が受け入れやすい漫画に仕上がります。そのため、ネームをご確認いただいた際に少しでも読みづらいと感じた場合はご指摘ください。

↓

仕上げ

ラフスケッチで制作した漫画にペン入れや彩色をして、ひとつの作品として仕上げていきます。


 ペン入れ

下書きに沿ってペンで清書する作業のことを言います。ラフスケッチのままだと線が雑で、見づらいため、ペン入れをする事で、必要な線を絞込んで見た目を整えていきます。デジタル仕上げではインクによるムラを出さないペン入れもアナログに比べると容易です。

 彩色

色を付けること全般を彩色と呼びます。色を付け終えたら完成です。デジタル仕上げの場合は使う道具もアナログに比べると少なく、比較的手軽に行える作業ですが、それでも漫画制作の最後の工程だけあり、評価に直接関わる作業の一つです。

彩色の際に使われる用語として例を挙げると以下のようなものがあります。

ベタ塗り
ベタ塗り作業は黒い部分を塗りつぶす作業のことを言います。黒い髪の毛や建物の影などに使われます。
ホワイト
ホワイトは、枠線からはみ出してしまった線や、吹き出しの中の線を綺麗に消す作業のことを言います。

漫画制作を依頼したいとお考えであれば、ぜひJOBコミをご利用ください。漫画を新人社員教育マニュアルなどに利用することで、「やらされ感」から、読んでいて面白いからと自ら学ぶようになるなど、モチベーションアップに繋がると思いますので、ご検討ください。
納得のいく料金にて、満足のいく漫画に仕上がりますよう全力で努めます。制作実績も豊富ですので、どうぞご依頼ください。また、イラストのフリー素材などもありますので、商品の広告チラシやパンフレットなどにご活用ください。

※マンガ制作に関することはなんでもお問い合わせください。

-未分類

Copyright© マンガ制作あれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.