パンフレット・マニュアル・WEBのマンガ制作ならJOBコミ

マンガ制作あれこれ

未分類

理念共有ツールとしてのマンガ

更新日:

社史漫画で理念を共有する

 

マンガは会社の考え方を伝えるための最適なツールです。

新しく入社した方や既存の社員の方に、経営者の理念を伝えるツールとしてのマンガが注目されています。

会社が設立され、大きく伸びていったプロセスには、創業当時の苦労や成長期の課題を乗り越えた軌跡など、さまざまなエピソードがあります。

そういったエピソードを通じて、そのときに経営者は何を考え、どのように行動したのか、そしてそれがどのように今に結びついているのか、はそこで働く人たちにとって、大いに興味・関心があり、そういったストーリーから学ぶところも多いはずです。

そんなストーリーを表現する手法として、社史漫画は有効です。

また、社史漫画は採用ツールとしても活用されることが多く、その会社の考え方を応募者に伝えることができるツールとして好評をいただいております。

 

内容構成にもいくつかの方法があります。

もちろん、創業から現在までを時系列で追っていく構成や、ときには創業者の生い立ちから描いていく伝記的な構成もあります。

そのほかにも、会社のターニングポイントとなったいくつかの出来事を、伝えたいテーマに合わせて表現していく構成や、ユニークなところでいうと、お客様視点からその会社の歴史を語っていく、という手法もあります。

いずれにしても社史漫画を制作させていただく際は、十分に経営者の方や関係者の方々からインタビューをさせていただき、伝えたいポイントや社員の方々に理解してほしいことなどをお聞きしたうえでストーリーを作っていきます。

ぜひ、御社も理念共有のための社史漫画をご検討ください。

※マンガ制作に関することはなんでもお問い合わせください。

 

 

-未分類

Copyright© マンガ制作あれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.