パンフレット・マニュアル・WEBのマンガ制作ならJOBコミ

マンガ制作あれこれ

未分類

内定者教育とマンガ

更新日:

内定者教育とマンガ

 

1.入社前に内定者教育をしている企業は多い

4月に入社してくる内定者に対して、それまでの期間を使って、ある程度の社会人としての知識やマナーなどを事前に教育しておきたいというニーズは多く、実際に内定者教育を行っている企業様もかなりあるとお聞きしています。

また内定辞退を防ぐために内定者とは密にコミュニケーションをとっていく必要もあり、内定者教育はそういった内定者とのコミュニケーション継続のための方法としても有効です。

 

2.しかし4年生は卒論や授業、プライベートでも忙しい

しかし、内定者の大学4年生の学生は、卒業論文やゼミの最終課題、もし取り残しがある場合は単位取得と学業面では学生時代最後の追い込みの時期であり、一方で卒業旅行や飲み会などプライベートでもなかなか忙しい時間を過ごしています。

そんな中で強制的に多くの時間をとって、会社から課題を与える、というのはなかなか難しく、また学生にとっても負担感を感じる分、会社への不満を募らせることにもなりかねません。

そうすると、内定者教育には「最低限これだけを知っておいてほしい、ということを短期間でわかりやすく伝えられる」方法が必要になります。

 

3.漫画教材は内定者教育には有効

そう考えると、マナーや基礎知識を学ぶにあたって、ケーススタディでわかりやすく学ぶことのできる漫画教材はうってつけの方法といえます。

学生にとっても、なじみやすいマンガで社会人としての基礎知識を学習できるのは便利でかつ負担感の無い学習方法となりえます。

内定者に教えたいことをコンパクトにまとめ、ポイントを絞って本当に伝えたいことだけをきちんと理解させる。

この目的のためにマンガを活用いただければ、きっと効果の高い内定者教育が実現できると思います。

 

ぜひ内定者教育に有効な方法をお探しであれば、内定者教育用の漫画制作をご検討ください。

JOBコミは企画の段階からご相談にのらせていただきます。

※マンガ制作に関することはなんでもお問い合わせください。

-未分類

Copyright© マンガ制作あれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.