ホーム > マンガ制作あれこれ >  コンプライアンス漫画について

«

»

コンプライアンス漫画について

コンプライアンス漫画について

 

1.マンガと親和性が高いコンプライアンス教育

弊社で多く関わらせていただいている分野としてコンプライアンス教育分野の漫画制作があります。

企業の社会的責任が問われる中、コンプライアンスは企業運営上の大きな課題のひとつであり、ひとりひとりの従業員が法を遵守し、社会人として必要とされる行動規範を守っていかなくてはいけません。

そこで重要なのがコンプライアンス教育です。

コンプライアンス教育では、法律の解説よりも「こんな場合にはどう行動すれば良いのか」「どんな行動がハラスメントに相当するのか」「こういうことには気をつけていかなくてはならない」など、従業員の行動に紐づいたケーススタディが重視されています。

マンガという手法はケースをわかりやすく説明するにあたって、最も適した方法のひとつであり、教えられる側にとっても記憶に残りやすい、という利点があります。

ですから、コンプライアンス教育に対してマンガがとても親和性が高いのです。

 

2.コンプライアンス漫画制作の活用例

多くの場合、作らせていただくコンプライアンス事例は正しい行動と誤った行動がはっきりと正解・不正解に分かれています。

しかし、中にはおもしろいマンガの活用法として、Aという答えもBという答えもありそうだ、というようなケースを作成し、研修などの事前に研修参加者から答えを募り、それを研修当日に発表して、「自分の考えは少数派だった」とか「こういう考え方の方が多いのだ」などという認識からディスカッションに入る、というやり方です。

この手法はとても効果があり、研修の満足度も高かったそうです。

こういったように微妙な心理描写ができ、ケースが実感できるマンガはとても表現力の高い手法となりえます。

 

皆様のところでコンプライアンスで良い教材は作れないか、というお考えをお持ちでしたら、まずJOBコミにご相談いただければ、と思います。

これまでの豊富な経験から効果的な方法をご提案します。

※マンガ制作に関することはなんでもお問い合わせください。

 

 

«

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>



効果を出す漫画制作[ JOBコミ ]に関する
お見積り・お問い合せはこちらからお気軽にどうぞ!