パンフレット・マニュアル・WEBのマンガ制作ならJOBコミ

マンガ制作あれこれ

未分類

漫画制作のプロセスについて

更新日:

漫画制作のプロセスについて

 

マンガの制作が決定してから、完成までのプロセスをご説明します。

 

制作主旨の整理

まずは制作主旨の整理をします。

そのマンガは誰に向けて作るものなのか、何を一番の目的とするのか、どんな場面で活用するものになるのか、さらに盛り込むテーマはどのような内容か、などをしっかりとお打ち合わせしていきます。

ここをきちんと整理することで、全体のページボリュームやキャラクター像、あるいは今回制作するマンガの作家のタッチなどが明確になっていきます。

 

内容構成案

10ページ以内くらいの短いストーリーであれば、そのままシナリオ作成にかかる場合も多いのですが、中長編になってくると、一旦内容構成案というものを作成します。

これはおおまかなシナリオとも言えるもので、全体の流れ、訴求したいテーマ、登場人物像イメージなどをまとめて提案するものです。

このプロセスでどのようなマンガになっていくのか、をおおまかに掴んでいただきます。

 

シナリオ作成

そしていよいよシナリオの作成になります。

シナリオは、コマごとに①場面の説明、例えば#16(16コマ目の意味)夕日のあたる従業員控え室でため息をつく加奈子、②そのコマでの会話、加奈子「やっぱりこのままじゃ、何も変わらないなあ」などと文字ベースで作っていきます。

このプロセスでお客様と物語のコンセンサスをとっていきます。

 

ネーム作成

次はネームと呼ばれるラフ画の制作に入ります。

コマを切り、ラフ状態ですが登場人物が描かれ、セリフも入っていくので、どんなマンガになるのか具体的にご提示することができます。

このプロセスで人物の描き方や背景など、ご要望に沿って修正をしていきます。

 

作画・色つけ

そして、作画と色つけです。

ネームの線をしっかりと描き直し、背景なども仕上げていきます。

カラーのマンガの場合は色をつけます。

 

このようなプロセスでマンガは制作させていただいております。

※マンガ制作に関することはなんでもお問い合わせください。

-未分類

Copyright© マンガ制作あれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.