パンフレット・マニュアル・WEBのマンガ制作ならJOBコミ

マンガ制作あれこれ

未分類

漫画制作におけるキャラクターの設定

更新日:

漫画制作におけるキャラクターの設定

 

漫画制作の際に特にストーリー性の高いものになると、重要になってくるのがキャラクター設定です。

キャラクター設定は、そのストーリーを展開していくにあたって必要となる登場人物を決めていくプロセスで、制作過程における最初の段階でお打ち合わせさせていただきます。

制作するマンガの用途によってさまざまではありますが、以下に制作用途におけるキャラクター設定の特徴をご説明します。

 

販促・広告漫画におけるキャラクター設定

販促・広告の分野においては、商品・サービスの特徴をマンガで表現していくので、大きくは以下のようになります。

①商品・サービスを説明していく役割

ページ数が限られている場合には、簡潔に商品・サービスを説明していくことが重要とされるので、メインキャラクターを説明役にして、そのメリットなどを語らせていく、という方法をとることが多いです。

②お客様目線によるメリット訴求の場合

その商品・サービスを利用したときのメリットをよりユーザー目線で表現したい場合は、主人公をお客様に設定し、そのお客様の背景やニーズを描きながら、それを使ってどのように変化したか、効果があったのか、などを訴求していきます。

 

採用・生徒募集漫画におけるキャラクター設定

採用・生徒募集などの分野においては、よりストーリー性が高くなるので、登場人物も多くなります。

①実際に入社・入学した先輩が主人公となる場合

読み手の近未来が想像できる少し上の先輩が主人公となる場合です。実際の仕事の様子や学校生活の様子などをその先輩を通じてイメージしてもらうための手法です。

②これから就職する、入学する本人が主人公となる場合

本人を主役にし、その本人の目から見た会社や学校を描いていくやり方です。学生(生徒)本人の心の動きやどこに感動したか、などを描いていくときに有効となる手法です。

 

上記に記したように、キャラクター設定も制作するマンガの用途やボリュームによって違ってきます。

JOBコミではお客様とじっくりお打ち合わせをしながら、キャラクターを設定していきます。

※マンガ制作に関することはなんでもお問い合わせください。

 

-未分類

Copyright© マンガ制作あれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.