ホーム > マンガ制作あれこれ >  マンガ制作の効用④ ポイント訴求

«

マンガ制作の効用④ ポイント訴求

マンガ制作におけるメリットでもあり、デメリットでもあるのがこのポイント訴求です。
通常の文章の伝達量に比べ、マンガによる情報伝達はその伝達量が限られます。
マンガ制作においては「何を伝えたいのか」の優先順位をつけ、伝えるポイントを絞っていく、ということがとても重要となります。
つまり、そのポイントが絞れていれば、より効果的に読み手に印象づけられるのがマンガ制作の特徴なのです。

私たちはマンガを制作させていただく際、
1.何が最重要ポイントなのか?
2.そのポイントに向けて、どのように情報を整理し、伝えていけばよいのか?
3.その整理した項目をどうすれば読み手にわかりやすく伝えることができるのか?
という順序でストーリーを考えていきます。

この流れがきちんとできていれば、ポイント訴求をするうえにおいて、マンガという手法は大きな効果をもたらす表現手法となり得ます。

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



効果を出す漫画制作[ JOBコミ ]に関する
お見積り・お問い合せはこちらからお気軽にどうぞ!