ホーム > マンガ制作あれこれ >  マンガ制作の効用① 実写映像との違い

«

»

マンガ制作の効用① 実写映像との違い

販促や教育などのツールを制作される場合、よくマンガ制作やアニメ制作にするか、実写の映像制作にするか、ご検討される場合があるようです。
その際、結果的に「マンガ制作にしよう」とお客様がお決めになるポイントをご紹介します。

1.マンガ制作の場合、海外にも過去にも未来にも行ける。
マンガ制作では、場所や時間の制約があまりありません。
映像制作ですと、海外にロケに行ったり、昔の資料映像を探したり、と現在この場所以外の表現にはコストや手間がかかります。
それに比べマンガ制作においては、歴史を行き来することもできますし、世界のどんな場所にも行くことができます。
この点からマンガ制作を採用される場合も多くあります。

2.コスト面ではマンガ制作に軍配があがる。
やはりコスト面において映像は人が動く分お金がかかります。
出演される演者さんの人件費、照明や音響のスタッフさんのコストなど。
それらを考え合わせるとマンガ制作の方にメリットを感じられるお客様が多いようです。

3.修正のしやすさ
また、修正においてもマンガ制作にメリットがあります。
映像制作では修正をしようと思うと、もう一度同じように撮影環境を整える必要が出てきます。
それに対しマンガ制作では、コマを書き換えるだけで修正ができます。

以上、実写映像とマンガ制作を比較した場合、マンガ制作をお選びになるお客様の理由を述べてみました。

«

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



効果を出す漫画制作[ JOBコミ ]に関する
お見積り・お問い合せはこちらからお気軽にどうぞ!