ホーム > マンガ制作あれこれ >  【マンガ制作・有効なサンプル制作の事例③】

«

»

【マンガ制作・有効なサンプル制作の事例③】

先月より当ページを担当させて頂いております
広報担当の大橋です。
今週も宜しくお願い致します!

 

先月まで弊社が行っておりました
下記の無料サンプル制作キャペーン、
【無料】サンプル漫画キャンペーンのご案内(2015年10月30日締め切り)
好評のうち締め切らせて頂きました。

現在、企業様へのサンプルマンガの制作を行っております。

弊社は単にサンプルとしてイラストを提供するのではなく
「課題を解決するマンガ」の制作を
目指しております。

ここでは、その成功事例を取り上げさせて頂きます。
(全4回予定 今回はその3になります。)

 

 

図1

 

 

【事例 3】

某小売店向け研修会社様

 

【目的】

店舗スタッフの「気配り・心配り」の向上

 

【対象】

店舗スタッフ全職員

 

【課題】

研修やマニュアルでは「伝えきれない」、

言葉や文章では表現し難い「マインド」の部分を

いかに伝達させ、浸透させるか。

 

マンガ教材をご検討のためサンプル制作をオーダーされた

小売店スタッフの研修を請け負う企業のご担当者様は

悩まれておりました。

 

お客様(小売店エリアマネージャー)は

「自分の業務や受けた指示だけではなく

客観的に[何がお客様に喜ばれるか]を考えた

言動こそが他店舗との差別化となるので

ホスピタリティを向上させたい・・・」とのことです。

 

お客様(小売店エリアマネージャー)のスタッフ教育において

集合研修の言葉やマニュアルの文章で

伝えきれない部分こそがもっとも大切であり

もっとも伝えたい部分。

 

そのためには「心に響く教材」

ということでマンガをご提案することになりました。

 

 

ここでのポイントは

「目的はココロに響く内容」

であることです。

 

 

そこで、何点か実際に店舗スタッフさんが

真心こめて行った対応が感動を呼んだ

というエピソードを頂き、その内容を

具体的に・リアルにマンガに落とし込みました。

 

感動させたエピソードの

「場面・シーン・会話・表情」など

マンガならではの表現で制作しました。

 

こちらを確認して頂くと

ご担当者様から感動のお言葉が!

「そうです!このユニアンスを伝えたかったんです!」と。

 

言葉や文章ではどうしても表現できない部分も

マンガならではの表現力で解決できる部分もあります。

 

今回は、マンガ教材であればリアリティ・臨場感・感情を

可能な限り表現することができ

「ココロを動かす」ことの出来る教材も

お手伝いすることが出来る、といった事例でした。

 

以上です。

それでは、次回は事例の最終回になります!

 

«

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



効果を出す漫画制作[ JOBコミ ]に関する
お見積り・お問い合せはこちらからお気軽にどうぞ!