ホーム > マンガ制作あれこれ

マンガ制作の効用④ ポイント訴求

マンガ制作におけるメリットでもあり、デメリットでもあるのがこのポイント訴求です。
通常の文章の伝達量に比べ、マンガによる情報伝達はその伝達量が限られます。
マンガ制作においては「何を伝えたいのか」の優先順位をつけ、伝えるポイントを絞っていく、ということがとても重要となります。
つまり、そのポイントが絞れていれば、より効果的に読み手に印象づけられるのがマンガ制作の特徴なのです。

私たちはマンガを制作させていただく際、
1.何が最重要ポイントなのか?
2.そのポイントに向けて、どのように情報を整理し、伝えていけばよいのか?
3.その整理した項目をどうすれば読み手にわかりやすく伝えることができるのか?
という順序でストーリーを考えていきます。

この流れがきちんとできていれば、ポイント訴求をするうえにおいて、マンガという手法は大きな効果をもたらす表現手法となり得ます。

マンガ制作の効用③ キャラクター設定

マンガ制作において、最初に考えるのがそのマンガにおける主人公などのキャラクター設定です。
前回、お話したようにマンガ制作のストーリーというメリットから考えると、そのストーリーを進めていくキャラクターはとても重要な役割を担います。

私たちがお客様とキャラクター設定をする場合、
1.どんな役割の人なのか? 
2.どんな人物なのか?(性別、年齢、キャリアなどからその人の持つ雰囲気まで)
3.その人に何を伝えさせるのか?
などを十分話し合って決めていきます。

ストーリーを構成していくためには、初期の段階でこのキャラクター設定をしっかりとしておくことはとても大切なこととなります。

具体的な進行としては、
1.キャラクターについての話し合い
2.キャラクターラフの提出
3.修正
4.キャラクター決定
となっていきます。

マンガ制作において重要なキャラクター設定、お客様も楽しんでやっていただけることが多いです。 

マンガ制作の効用② ストーリーという利点

マンガ制作の最大の利点と言えるのが、「ストーリーで表現できる」という点です。
マンガ制作においては、事象を物語化することが一番大切です。

1.伝えたい主題はなんなのか?
2.その主題に導くまでにどのような背景があり、どのように表現すれば伝わりやすいのか?
3.そしてそれをどのように物語化するか?

ということがそのマンガが読み手に受け入れられるかどうかの分岐点です。

表現方法として、ありがちなのが「話し手と聞き手による会話形式」です。
もちろん限られたページ数で表現していくわけですから、そういった表現方法をとる場合もあります。

しかし、圧倒的に伝わりやすいのはストーリーです。
伝えたい主題に行き着くまでの主人公の心の動きや、周りの人々とのやりとりなどをストーリー化することによって、マンガはさらに伝わりやすくなります。

例えば、この商品はこういうメリットがあり、お客様にこう受け入れられている、ということを「話し手と聞き手による会話形式」ではなく、お客様を主人公にしてストーリー形式でやるとこうなります。

1.お客様の現在もっている課題を日常シーンから描く
2.そのお客様が感じている不便や困り事を心の動きで描く
3.何らかのきっかけでその商品を知る
4.その商品を使ってみて、解決された様子をシーンで描く

このようにストーリーで描くことにより、読み手にとってはその商品を購入したときの自らの喜びや課題解決をマンガの主人公を通じて疑似体験できるのです。

マンガ制作にとって重要な「ストーリー化」。
これをやることによって、さらに読み手に伝わる営業ツール、教育ツールとなっていきます。

マンガ制作の効用① 実写映像との違い

販促や教育などのツールを制作される場合、よくマンガ制作やアニメ制作にするか、実写の映像制作にするか、ご検討される場合があるようです。
その際、結果的に「マンガ制作にしよう」とお客様がお決めになるポイントをご紹介します。

1.マンガ制作の場合、海外にも過去にも未来にも行ける。
マンガ制作では、場所や時間の制約があまりありません。
映像制作ですと、海外にロケに行ったり、昔の資料映像を探したり、と現在この場所以外の表現にはコストや手間がかかります。
それに比べマンガ制作においては、歴史を行き来することもできますし、世界のどんな場所にも行くことができます。
この点からマンガ制作を採用される場合も多くあります。

2.コスト面ではマンガ制作に軍配があがる。
やはりコスト面において映像は人が動く分お金がかかります。
出演される演者さんの人件費、照明や音響のスタッフさんのコストなど。
それらを考え合わせるとマンガ制作の方にメリットを感じられるお客様が多いようです。

3.修正のしやすさ
また、修正においてもマンガ制作にメリットがあります。
映像制作では修正をしようと思うと、もう一度同じように撮影環境を整える必要が出てきます。
それに対しマンガ制作では、コマを書き換えるだけで修正ができます。

以上、実写映像とマンガ制作を比較した場合、マンガ制作をお選びになるお客様の理由を述べてみました。

【マンガ制作・有効なサンプル制作の事例④】

先月より当ページを担当させて頂いております
広報担当の大橋です。
今週も宜しくお願い致します!

図1

先月まで弊社が行っておりました
下記の無料サンプル制作キャペーン、
【無料】サンプル漫画キャンペーンのご案内(2015年10月30日締め切り)
好評のうち締め切らせて頂きました。
現在、企業様へのサンプルマンガの制作を行っております。

弊社は単にサンプルとしてイラストを提供するのではなく
「課題を解決するマンガ」の制作を
目指しております。
ここでは、その成功事例を取り上げさせて頂きます。
(全4回予定:今回はその4になります。)

【事例 4】
某大手流通業様

【目的】
配送スタッフの「マナー」の向上

【対象】
配送スタッフ全職員

【課題】
お客様(荷物御届け先)の
満足度向上、トラブル回避

教育ご担当者様にお話を詳しくお伺いすると、
現状、業務規則・マニュアル教育の徹底で
一通り業務に支障のない程度の
教育は行き届いている、とのことでした。

しかし、配送の現場では様々なアクシデントも多く
その時々のケースにあわせての柔軟な
言動や判断の必要が多くあるとのことです。

つまり、業務規則・マニュアルではカバーしきれない
臨機応変に対応するマインド、心構えの
「ココロのアンテナ」を磨く、という課題がありました。

この課題には規則やマニュアルのように
細かく一つ一つのルールを暗記させるだけでは不可能です。

テキストでは説明し難いマナーに関する
良い例・悪い例・考えさせられる例を、
「実例に基いて取り上げてその時の疑似体験をし、
その感覚を磨く」
という手法をご提案させて頂きました。

出来上がったマンガサンプルは
実際によく起こる事例に
・ありがちなシュチュエーション
・実際に使われる会話、やり取り
・判断に迷うケース
(納品時間が短いのに荷物が多く、チェックを省きたい)
・実際に陥ってしまった結末と失敗
などなど、徹底的にリアルな描写にて制作しました。

教育ご担当者様は
「マニュアル教育に足りていなかった点が
疑似体験をさせるマンガにて効果的に訴求できている」
とご満足頂けた形でした。

何故か?
マンガでリアルなストーリー形式にすると
実際の現場の疑似体験ができ、
暗記以上に考えるチカラが養える点にあります。

ポイントは、
実際のお客様の表情・言葉、現場の状況など
その場でないと意識することのできないアンテナを
磨くことが出来る、ということです。

以上で、4回におよんだ効果的なサンプルマンガの
効果的な制作方法についての回を終了致します。

それでは、次回からは「販促マンガ」についてUpしてまいります!

宜しくお願い致します。

【マンガ制作・有効なサンプル制作の事例③】

先月より当ページを担当させて頂いております
広報担当の大橋です。
今週も宜しくお願い致します!

 

先月まで弊社が行っておりました
下記の無料サンプル制作キャペーン、
【無料】サンプル漫画キャンペーンのご案内(2015年10月30日締め切り)
好評のうち締め切らせて頂きました。

現在、企業様へのサンプルマンガの制作を行っております。

弊社は単にサンプルとしてイラストを提供するのではなく
「課題を解決するマンガ」の制作を
目指しております。

ここでは、その成功事例を取り上げさせて頂きます。
(全4回予定 今回はその3になります。)

 

 

図1

 

 

【事例 3】

某小売店向け研修会社様

 

【目的】

店舗スタッフの「気配り・心配り」の向上

 

【対象】

店舗スタッフ全職員

 

【課題】

研修やマニュアルでは「伝えきれない」、

言葉や文章では表現し難い「マインド」の部分を

いかに伝達させ、浸透させるか。

 

マンガ教材をご検討のためサンプル制作をオーダーされた

小売店スタッフの研修を請け負う企業のご担当者様は

悩まれておりました。

 

お客様(小売店エリアマネージャー)は

「自分の業務や受けた指示だけではなく

客観的に[何がお客様に喜ばれるか]を考えた

言動こそが他店舗との差別化となるので

ホスピタリティを向上させたい・・・」とのことです。

 

お客様(小売店エリアマネージャー)のスタッフ教育において

集合研修の言葉やマニュアルの文章で

伝えきれない部分こそがもっとも大切であり

もっとも伝えたい部分。

 

そのためには「心に響く教材」

ということでマンガをご提案することになりました。

 

 

ここでのポイントは

「目的はココロに響く内容」

であることです。

 

 

そこで、何点か実際に店舗スタッフさんが

真心こめて行った対応が感動を呼んだ

というエピソードを頂き、その内容を

具体的に・リアルにマンガに落とし込みました。

 

感動させたエピソードの

「場面・シーン・会話・表情」など

マンガならではの表現で制作しました。

 

こちらを確認して頂くと

ご担当者様から感動のお言葉が!

「そうです!このユニアンスを伝えたかったんです!」と。

 

言葉や文章ではどうしても表現できない部分も

マンガならではの表現力で解決できる部分もあります。

 

今回は、マンガ教材であればリアリティ・臨場感・感情を

可能な限り表現することができ

「ココロを動かす」ことの出来る教材も

お手伝いすることが出来る、といった事例でした。

 

以上です。

それでは、次回は事例の最終回になります!

 

【マンガ制作・有効なサンプル制作の事例②】

先月より当ページを担当させて頂いております

広報担当の大橋です。

今週も宜しくお願い致します!

 

先月まで弊社が行っておりました

下記の無料サンプル制作キャペーン、

【無料】サンプル漫画キャンペーンのご案内(2015年10月30日締め切り)

好評のうち締め切らせて頂きました。

 

現在、企業様へのサンプルマンガの制作を行っております。

 

弊社は単にイラストを提供するのではなく

「課題を解決するマンガ」の制作を

目指しております。

 

ここでは、その成功事例を取り上げさせて頂きます。

(全4回予定 今回はその2になります。)

 

図2

 

事例2
某製薬会社様

【目的】
「MR教育の一環として、なかなか伝達は難しい

ドクターとのコミュニケーション能力の向上に適した

ケーススタディマンガを検討したい」という目的で

マンガサンプルをオーダー頂きました。

 

【対象】
若手MR職

 

【課題】

ドクターとの会話の内容、言葉遣い、質問力など。

 

というオーダーを頂きました。

 

ここから弊社が詳しくヒアリングさせて頂くと、

 

背景として・・・

「膨大なマニュアルやテキスト、動画教材などは既にあり

知識定着では一定の効果はでている。」

 

悩みどころは・・・

「ドクターとの「コニュニケーションスキル」という知識では補えない

意識レベルでのノウハウ定着・浸透・共有はなかなか実現できていない。」

 

具体的には・・・・

「薬の知識や業界関係には情報収集も共有も

どちらかといえば長けている方だが、

実際の接客ロープレに近い感性を磨く会話や言葉遣いを

現場のシーンに可能な限り近づけて、具体的に表現し

リアリティをもってMR職に伝えたい。

特に忙しいと○○○というフックとなるサービスを

忘れがちで、その切り出し方は○○○を質問すれば効果的であるものの

そこまでの流れに運べないパターンガ多い。」

 

などと詳細をたっぷりと頂きました。

 

 

なんとなくコミュニケーションスキルという課題も

こうした【背景・弱点・具体的に改善したいポイント】を

頂けると、弊社からのマンガの表現もガラリと変えられます。

 

お渡ししたサンプルの出来栄えも

上記のエッセンスが取り入れられ

担当者様が「言葉では伝えきれない部分がよく伝わる内容になりそうです!」

と大変喜んで頂けました。

 

効果の出るマンガに欠かせないことは

「何を描くのか?」ではなくて、

やはり「何を伝えたいのか?」の部分だったと

本件で改めて確信致しました。

 

 

次回はその③を引き続きご紹介させて頂きます。

宜しくお願い致します。

【マンガ制作・有効なサンプル制作の事例】

図1
今月より当ページを担当させて頂いております
広報担当の大橋です。

今週も宜しくお願い致します!

 

 

さて、前回は現在弊社が行っております

下記の無料サンプル制作キャペーンにおいて

【無料】サンプル漫画キャンペーンのご案内(2015年10月30日締め切り)

「よりよいサンプルのオーダー」について、

【目的】【対象】【課題】を明確にマンガに反映するために

重点的にお伺いさせて頂くことをお伝えしました。

 

 

では、その事例を取り上げさせて頂きます。
(全4回予定 今回はその1になります。)

 

事例1
大手フィットネスクラブ様

【目的】
来年度初め(4月)にコンプライアンス啓蒙のため

ハンドブックを配布する予定。

それに伴いマンガ活用を検討。

サンプルは周囲の説得材料としても使用したい。

【対象】
若手スタッフ(アルバイト含む)。20台前半が大半。

【課題】
何度も研修や朝礼でコンプライアンス啓蒙の意識付けを

行っているが、言葉とテキストだけではどうしても

現場と結びつけて考えられていないようす。

知識よりも実例に基いた考え方をマスターさせる教育が課題。

 

 

この企業様の素晴らしい点は、研修資料を渡して

「これ、マンガにしたらどうなるの?」という

不明確なオーダーではなく、

上記のようにご依頼の背景まで頂戴いたしました。

 

 

また、こちらからさらに

「その目的、対象、課題であればどのような

【場面・シーン・会話】がもっとも効果的でしょうか?」

というご質問をさせて頂き、さらにそこから細かく

場面・・・近くのカフェで(最近スタッフがよく通う)

シーン・・・ランチを食べながら(ランチ中が一番多い)

会話・・・○×○×(専門用語)というを交えて

という追加情報を頂きました。

 

 

ここまで頂ければあとはほぼ確実に

目的に沿った、対象者に合わせた、課題に対して

有効なマンガサンプルをお渡しすることが可能です!

今回は有効なサンプル制作の事例その①を

ご紹介させて頂きました。

 

 

次回はその②を引き続きご紹介させて頂きます。

宜しくお願い致します。

【マンガ制作・よりよいサンプルのオーダーとは?】

先週より当ページを担当させて頂いております

広報担当の大橋です!

今週も宜しくお願いします!

 

図1

さて、前回は社員教育や販売促進においての

「マンガ制作のご検討の第一歩は

サンプル(ラフ)ページから!」

というテーマで、その重要性を投稿しました。

 

また、あわせて弊社で現在行っている

無料サンプル制作キャンペーンのお知らせも

させて頂きました。

【無料】サンプル漫画キャンペーンのご案内(2015年10月30日締め切り)

 

 

さっそくですが、現在多くの企業様からご依頼を頂いております。

ありがとうございます!

 

 

そんな中、

「マンガの検討でサンプルをオーダーしたのですが

具体的には何をどのように提出すればいいの?」と

いうご質問を多く頂きます。

 

そこで弊社が最も重点的にお伺いするのが

【目的】 【対象】 【課題】

になります。

 

まれに、テキストベースの資料や、Webページなどをお送り頂き

「この内容をマンガにしたら・・・イメージだけ欲しい」

とオーダーを頂きますが、少々もったいないかと。。。。。。

 

マンガコンテンツは単なる視覚効果(わかりやすさ)を高める

だけのものではありません。

 

ストーリーにシナリオ、セリフ、動作、会話すべての世界観から

最も大切な「伝える」という大きな意味をもつツールです。

弊社は教育にも販促にもすべてにポリシーを持っております。

 

それは、

「いい絵が描けたか?」

ではなく

「伝わったか?」

を何よりも大切にしております。

 

よって、上記の通り、オーダーでは

【目的】 【対象】 【課題】

「何ために、何を達成したいために・・・、

どんな状況にある人たちに・・・、

今まで伝わらなかった○○を解決するために・・・」

というお客様の想いをマンガの1コマ1コマに反映させるよう

サンプルだとしても取り組むことが私どもの大きな使命です。

 

是非、ご検討の際には上記の内容をイメージして

お申し付け頂ければと存じます。

 

今回のポイントは

「オーダーは目的、対象、課題は明確に!」でした。

 

以上です。

 

次回は、いよいよその事例を掲載させて頂きます!

【マンガ制作・初めの第一歩はサンプルページから!】

本日より改めて当ページを担当させて頂きます、
      アイデアガレージ広報担当の大橋です。

 

定期的に皆様に有益な情報発信を継続して行いたいと思います。

よろしくお願いします!

 

さて、

今回のテーマは「初めの第一歩」のサンプルページについて。

 

マンガ制作の検討が「マンガ教育」「マンガ販促」お客様からこのような声をよく頂きます。

 

「初めてマンガを検討するのだけど、まずは何をすればいいのか?」

 

「マンガ教材は良いって聞いたけど、今の課題にマッチする効果か不安で・・・」

 

弊社は基本的には企業様の課題に合わせたマンガ制作、よって事前に見ることができません。

 

そこで、弊社は「サンプル(ラフ)ページ」制作にて初めの第一歩をご支援させて頂きます。

 

サンプル(ラフ)ページ

 

まずはご検討材料としてお手元に、お問合せから最短1~2週間でお届けすることも可能です。

 

ご依頼いただいたサンプル(ラフ)ページをお届けすると、企業様からは

 

「実際に1枚でもイメージがあるのとないのは大違い!周囲も説得できそうだ。」

 

「具体的なキャラや流れが絵になることで、もっと教材の改善点が見つかった」

 

など、アイデアがカタチになると多くの気づきを持つことが出来たようです。

 

現在、

弊社では無料サンプルページ制作キャンペーンを実施中です!

この機会に是非お問合せください!

 

*クリックすると詳細PDFがダウンロードできます。

【無料】サンプル漫画キャンペーンのご案内(2015年10月30日締め切り)

 

今回のポイントは

「 第一歩は、まずサンプル制作でご検討を!」

になります。

 

 

それでは、次回はその「サンプル制作」について詳しく述べることとします。

 

以上です。

 

それではまた次回に続きます。

古い記事へ «



効果を出す漫画制作[ JOBコミ ]に関する
お見積り・お問い合せはこちらからお気軽にどうぞ!